皿洗いの工夫・毎日の家事の負担を減らす

毎日、お皿洗いって大変ですね。

 

家事の中でも一番、大変なのではないでしょうか?皿洗い、食事の後片付けは、ほぼ毎日です、

 

しかも1日に最低、3回くらい皿を洗うことになります。

 

sara-arai

せっかくおいしいごはんを食べておなかいっぱいになったのに皿を洗うのが今度は大変。

そんな超めんどくさい皿洗いを少し工夫すれば家事の負担を減らすことができます。

 

お皿などを水にしっかりつけておくと洗剤をそんなに使う必要がありません。

 

だいたい1,2時間くらい水にしっかりと浸しておけば、自然と汚れが落ちています。

 

ご飯粒などは茶碗にこびりつくと糊状になってこすっても落ちないことがあります。

 

洗剤でも落ちづらいです。だから水の力を借りると取れやすいです。

 

また食事の後片付けをすぐにやろうと急がないことです。

面倒だから早く済ませたいとあせってしまいます。

 

それが余計に面倒だと感じさせてしまうのかもしれません。

 

個人的に朝はちょっと病院へ行くなどの用事があるときは用を済ませて家に帰ってから洗っています。

このように毎日の負担である家事を工夫次第では楽にすることが可能です。

 

しなければいけないことには変わりはありませんが、ちょっと工夫すれば楽しくできるようになります。